洋服を新調しながら変化していく

朝一番の新幹線に乗り仙台から東京へ。

ヒーリングに本腰をいれていくにあたって、エッセンスを加えたいと思っていました。

お料理に合うスパイスを見つけて、ちょいちょいと入れるとプレーンなお料理が劇的に美味しくなっていく。

そんなことを夢みていました。

直弟子仲間のゆうこりんと目が合って、とびっきりのスパイスに見えた瞬間があって、ビジネスコンサルをお願いしました。

対面でないとできないこともいっぱいあって、おしゃれをして上京したんだけど・・・

ゆうこりんが見てくれている私の未来図と、私の格好がマッチしていないらしい。

改造計画で美人になった仲間を見ているので、全幅の信頼を置いてお任せする。

メイクもバリバリと足し算。

けっけっけ化粧が濃いかも・・・

でも、結構いけている。(笑)

鏡に映る私はすごくいい。

ゆうこりんには明確に未来の私が見えているらしい。

私には謎だらけ。

思考で理解しようとしても分かるわけがないよね。

着替えて、やったことないファッションを身に纏って、出発。

分刻みのスケジュールをこなせるように、地下鉄の乗る車両もチェックしてくれる細やかさに感動。

地下から地上へ。

「ウィンドウに写っている姿見るといいよー。」

歩く時もただでは歩かない(笑)

目線を横にしてビルのガラスを覗くと、軽やかに歩く私が映っている。

ゆうこりんマジック、すごいわー。

軽やかな足取りで向かった1軒目は、オーダーメイド洋服屋さん。

打合せの時に

「普段、どんな服着てる?」

とか聞かれたんだよね。

ミニ身長にコンプレックスはないけど、服探しの悩みはかなり大きい。

としゃべったら

「なんかできるといいよねー」

と呟くゆうこりん。

あの後に、パチクルクルしたらしい。(笑)

素敵なオーダーメイド洋服屋さんを見つけちゃったよ。

魔法使いのようなゆうこりん。

洋服屋さんで、店主デザイナーとテンションが上がりっぱなしの私と確たるビジョンが観えているゆうこりんとのコラボ展開。

ボタンを選んだり、採寸してもらったり、サンプルを試着したり、生地の山をかきわけたり

すっごく楽しくて贅沢な時間だった。

ミニサイズだった父の洋服オーダーにくっついて行っていた、幼少時の幸せな記憶が蘇ってきて、胸がキュンとしちゃったよ。

次は美容院。

髪型を変える!

私にはビックイベント。

超人気の美容師、工藤さん

打合せもゆうこりんが事前にしてくれていたので、お任せモードで入店。

東京のど真ん中で全面ガラス張りのおしゃれな美容院。

でも、敷居は高くなくて、温かく迎え入れてもらったので、終始リラックスできたかんじ。

髪カットしてもらいながら

「いままで生きてきてよかったー」

と感じた瞬間に号泣。

魂が喜んだからだと思う。

美容師さんが接客のプロだとは知っていたけど、工藤健太郎さんの心遣いはとってもゴージャス

なんだけど、どこまでも自然体。

工藤さんもすごいし、工藤さんに繋げてくれてゆうこりんもすごい。

細部にわたってアレンジしてくれたおかげで、めっちゃくちゃにゴージャスな1日でした。

ありがとう!

ヘアスタイルが変わって

メイクが変わって

洋服が変わって

帰宅した私を見た瞬間の主人の顔。

お見せできるなら公開したいほどの驚きでした。(笑)

これまで、意図して外見をいじったことはなかったんだけど、外から強烈に変えていくというのは結構、楽しい。

これに連動して、内面の変化も感じていて。

また、機会があればお話ししますね。

みなさんの感想もぜひ、聞きたいです。

お気軽にお問い合わせください。022-353-6642受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

お気軽にお問い合わせください

 
ミモザ
三森弥生のメニュー
●医療コーディネイト(病院同行) ●がんコンサルティング ●ホメオパシー健康相談会
お問合せ・ご予約受付中

『三森弥 がんを語る』 11月8日登録開始

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です